水のたまりやすい土地を避けるには

住宅を購入する時には土地が必要になります。土地をまだ持っていなければ土地を買う場所が重要になってきますが、土地を買う時に気を付けなければならないのはその土地が水害に遭いやすいかどうかという点です。水害は大切な財産すべてを失う可能性があります。 最近は特に異常気象の影響で水害になりやすくなっています。ニュースを見ると、今まで水害が起こらなかったような地域にも水害が起こるようになっているように感じるのではないでしょうか。ですが、長い歴史の中で見れば、水害が起こる場所というにはたいてい決まっているものです。水害を避けるためにはまず低地を選ばないようにする必要があります。低地には平時は特に何も問題は起こりませんが、何年か一度降る大雨になるとかなり水が溜まってきます。さらに、未曽有の大雨になることもあり、そうすると床上浸水が起こる可能性も少なくはないのです。また、川から2,3キロの低地もできるだけ避けたほうが良い場所の一つです。 水害に遭わないためには市町村が出しているハザードマップを参考にすることです。また、あまり知られていませんが、その地名が水に関係するところは普段水と関係ないような場所でも少なからず水害が起こりうる可能性があります。谷や浦などの地名も同様です。

豊橋 土地 3141 6/4

Copyright ©All rights reserved.水のたまりやすい土地を避けるには.